inkstand by kakimori

inkstand by kakimori

2019

Year

〈新商品2019.11.22発売〉オリジナル新商品「GLASS NIB」

【追記:12/7 インクスタンド・カキモリにて販売を再開いたしました。オンラインストアはもうしばらくお待ちくださいませ。】

191113_glassnib

懐かしくて、新しいガラスペンができあがりました。

以前から色々な作家のガラスペンを取り扱ってきたり、オリジナル商品も作ってきました。

  • kk_glass4

昨年インクスタンドがイヌヅカガラス工房​(深澤亜希子さん)とコラボレーションして作った『三角軸ガラスペン』は限定90本で作りましたが、すぐに品切れとなりました。
シンプルで、機能的にもペン置きなしで転がらず、書き心地もしっかりして、手頃な価格で、何よりもかっこいいこと。
自分たちが作りたい、届けたいという思いから出来上がったガラスペンは多くの人に共感いただけました。

  • 191115_sankaku

実はこの三角軸のガラスペンの商品企画と合わせて、もう一つ異なる観点からの課題を深澤さんと話していました。インクスタンドではオーダーインクを作るまでの過程で、スタッフもお客様も毎日ガラスペンを多用します。
一日中使っていると、どうしても稀にペン先を机の角にぶつけたり、落として割ったしまうことがあります。
「もっと丈夫で気軽に使えるつけペンが欲しい」という問題意識から、金属製・竹ペン・ねじ込み式ガラスペンなど色々可能性を考えたり調達して試行錯誤していました。
そんな話を​深澤さんとしていたら、以前作った試作品ということで見せていただいものが今回の新商品の原型となっています。
この原型を元に量産用に色々な協力業者と連携して新しいガラスペンが出来上がりました。

  • kk_glassnib1
  • kk_glassnib2

名前は「GLASS NIB」
その名の通りガラスのペン先です。

昭和初期にはGLASS NIBと同じようなガラスのペン先が流通しており、今でもアンティークショップなどで見かけることがあります。
当時は道具としての価値が高かったと考えられますが、それでもガラスのペン先は熟練の職人が手作業で作る必要があり生産効率が上がりません。
大量生産ができる万年筆や金属のペン先が出てくる中で道具としての役目は終了し、装飾なども楽しむガラスペンは残り続けたのだと思います。

深澤さんも​骨董市でガラスのペン先を見つけ、かつて実用としてガラスペンが使われていた時代の物を復刻させてガラスペンの楽しさをもっと広げたいという気持ちで試作していたものです。

ガラスペンは色々な魅力があります。

多彩で美しい軸の装飾。
ガラスで文字がかけるという直感的な感動。
インクにつけたらハガキくらい書ける機能性。

GLASS NIBは、このたのしさにカスタマイズ性をプラスして、もっと気軽に使える筆記具です。
ガラスペンのもつ工芸的な美しさより、カジュアルなたのしさを追求しました。

ガラスペンより安価にしたいけど、ペン先は手作業で作るし、軸と連結するための金属部分は量産しないと高価になってしまう。
深澤さんがサンプルまで作ったけど販売できなかったのは、この点が一番の問題だったようです。

今回、カキモリは、この問題点を乗り越えるために、ある程度の量産は覚悟の上、浅草の金属加工を得意とする協力会社へ相談し型から作りました。
量産とはいっても数万単位は無理なので小回りがきく東京の小さな町工場を探していただき、なんとかなりそうな量で作っていただきました。

GLASS NIBのガラス部分は深澤さんに一本ずつ丁寧に作ってもらっているものなので、書き心地はもちろん安定しています。

また、せっかく作った新しいペン先なので、その魅力を伝えて且つ保管の機能をもつパッケージを作るため、カキモリの近くのアクセサリー箱の製造を得意としている「だいし屋」さんと相談しGLASS NIBの箱を作りました。

昨今では作れる所が減っている、横からステープルする角留めタイプの箱です。GLASS NIBの懐かしくて新しいコンセプトと相性の良い箱になりました。

  • kk_glassnib3

つけペン用の軸は、安価でかわいいものから高価な作家性の高いものまで色々なものが流通しています。
そこにGLASS NIBを装着することで自分だけのガラスペンが出来上がります。

GLASS NIBの販売開始に合わせて、カジュアルな既製品のセレクトだけでなく、オリジナルの軸も作っていきます。

  • 191115_glassnib

まずは、様々な貴重な木の端材を使った木工小物を作る工房もずの河村さんへお願いし、軸を作っていただきました。

こちらも、こだわりが詰まっておりお伝えしたいことはたくさんあるので別の記事でまとめますね。


GLASS NIB(グラスニブ)

価格:2,500円(税込 2,750円)
発売開始日:2019年11月22日(金) 11時より
カキモリ・インクスタンド店頭、オンラインストア
サイズ: 本体:約 38 × 6 mm
箱:幅W57×奥行D45×高さH23mm(外寸)
ペン先サイズ:中字
製造国:日本

※1点1点職人の手作りのため、仕様や書き心地がそれぞれ若干異なります。予めご了承ください。
※初回分は数量に限りがございますが、随時商品追加を行ってまいります。

【追記】11/27 GLASS NIB(グラスニブ)・工房もず-木軸-共にインクスタンド店頭・オンラインストアの在庫は現在品切れとなっております。カキモリ店頭では、まだ在庫が少量ご用意がございます。

 
 

〈出張イベント2019.11.8-17〉旅するインクスタンドin神戸

みなさま、こんにちは。
インクスタンドの出張イベント、
「旅するインクスタンド」開催のお知らせです。

今回は神戸。
BLUE BOTTLE COFFEEでの開催です。
この冬限定の Holiday Gift Collection にてコラボレートしたインクやノートを販売するにあたり、お店にお伺いしてイベントを開催することとなりました。
コラボレートした商品の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

素敵なカフェ空間でのイベントに、今からわくわくしています。
神戸カフェ

オーダーインクをお作りいただける他、約10日間ほどオリジナル商品の販売を行います。
ワークショップにご参加が難しい方も、ぜひ足をお運びくださいね。

11月16日(土)、17日(日)の2日間で行うオーダーインクのワークショップでは、インクスタンド店頭で行われる“SELF”での体験と同様、ご自身でお好きな色味のインクをお作りいただくことができます。
オーダーしていただいたお色は、後日スタッフがインクスタンドにて仕上げ、ご自宅他、ご希望の場所にお送りいたします。

今回はなんとブルーボトルコーヒーのコーヒー付きです。
美味しいコーヒーを味わいながら、45分間じっくりと色に向き合ってみてくださいね。

オーダーインクをお作りご希望の方は、お時間枠とお席数が決まっておりますので、
こちらからお席をお取りくださいませ。

インクスタンド イメージphoto

また、11月8日(金)〜17日(日)まで行う物販イベントではブルーボトルコーヒーとコラボレートしたインクやノートと共に、インクスタンド、姉妹店カキモリのオリジナル商品を一部ご用意いたします。

今回このイベントではスタッフが選んだ、2色セットのインクを販売いたします。
11mlの小さな小瓶なので、あまり使ったことのない色に挑戦してみたり、万年筆だけでなくマーカータイプやブラシタイプなどに入れて、いつもと違った使い方をしてみたりするのも楽しいですね。
P1166735blog
P1166750

神戸のみなさま、近隣のみなさま、
お会いできますことを楽しみにいたしております。

旅するインクスタンドin神戸

□日時:
〈オリジナル商品販売期間〉
11月8日(金)〜17日(日)8:00–19:00
   
〈オーダーインクのワークショップ〉
11月16日(土)、17日(日)(事前予約制)

□場所:BLUE BOTTLE COFFEE 神戸カフェ
    〒650-0039 兵庫県神戸市中央区前町1 MAP

□オーダーインク料金:税込4,070円
(インク1瓶+配送料+コーヒー1杯 含む)

オーダーインクは2本目以降 税込3,000円/1瓶 となります。

□ご予約:11月16日(土)
     11:00-/12:15-/13:30-/14:45-/16:00-/17:15-
     11月17日(日)
     11:00-/12:15-/13:30-/14:45-/16:00-

     定員:各回4名様 制作時間:45分

45分間でお作りいただいた後、
お色味をご確認させていただきます。
後日仕上がったインクを
ご自宅他ご希望の場所にお送りいたします。

  ご予約フォームはこちら

イベントチケット購入後から
日程の変更・返金はお受付できません。
必ず事前にご都合を確認の上、お申込みください。

□お問い合わせ:TEL 050‐1744‐8547
        MAIL inkstand@bungu.co.jp
        月曜定休

ご不明点等ございましたら、
お気軽にinkstandまでお問い合わせください。

またBLUE BOTTLE COFFEE 中目黒カフェでは姉妹店カキモリのお手紙のイベントを開催いたします。
詳細はカキモリのブログにて後日発信いたしますので、そちらををご覧くださいませ。

インクスタンド 杉田

 
 

<お知らせ>12月、1月の営業日

——–English Below——-

インクスタンド・カキモリともに毎週月曜日が定休日ですが、祝日の場合はopenしております。
月曜祝日の翌日火曜日は、お休みとさせていただいております。

12月,1月の月曜日は、下記の通りopenいたします。

12月23日(月) 11:00-19:00
12月30日(月) 11:00-19:00
1月13日(月) 成人の日 11:00-19:00
※1月14日(火)は、振替休日でおやすみさせていただきます。

その他の曜日は、通常通り11:00~19:00でopenしております。

また、年末年始は12月31(火)~1月3日(金)までお休みをいただきます。
お間違いのないよう、お気をつけてお越しください。

SELFのご予約は2ヶ月前からお席をお取りいただくことができます。
12月はお席が埋まりやすくなりますので、
ご希望の方はお早めにお席をお取りくださいませ。

ご予約はこちら

皆様のご来店お待ち申し上げております。

インクスタンド 杉田

Inkstand will be closed from December 31st to January 3rd due to new year holiday.
We will reopen on January 4th.

Our opening dates on December and January are as follows:
[December]
23th Mon. OPEN 11:00~19:00
30th Mon. OPEN 11:00~19:00
[January]
13th Mon. OPEN 11:00~19:00
14th Tue. CLOSE

 
 

〈店内イベント2019.10.18-31〉TRY IT! brush with ink

【追記:このイベントは終了いたしました。】

オーダーメイドで作った万年筆用インク。

万年筆はもちろんガラスペンやつけペンなどにも適してインクです。
inkstandやカキモリでは、さらにボールペンタイプのローラーボールペンやカラーライナーをオリジナル商品として作ってきました。

カラーライナーでは筆ペンタイプのものもありますが、以前カリグラフィー作家のBLACKANDGREENSMITHの小泉さんにこのペンを使っていただいたところ、とても使いやすいという評価をいただけました。

筆は手書きを通じて表現するには一番自由度が高く可能性に溢れています。多くのカリグラフィー作家が筆ペンを選ぶ理由はそこにあると思います。

今回は、筆ペンをさらに超えて、インクを使って筆で書くたのしさを探求します。
筆ペンと違うところは、インクをつけて書くことと、穂のバリエーションの広さです。

穂の種類やインクのつけ方により、線の幅や濃淡をつけた表現ができたり、色を変えたい時には洗って他のインクをつけて書くことができます。

勢いよく書くことで掠れる。
止めることでインクが溜まり滲む。
筆ならではのたのしい表現がたくさんあります。

そこに「色」という要素が加わることでさらに表現が多彩になり、黒の油性ボールペンの文字をは全く異なる表情の文字になります。

191010_blush03

今回のイベントでは、「色」と「筆」が合わさった時の表現の可能性を感じていただく展示や、実際インクをつけて筆で書くことを試すこともできます。
少量の在庫しかご用意していませんが、気に入っていただければ購入することもできます。

イベントを開催するにあたり、300年以上の歴史を持つ奈良筆の老舗メーカー「あかしや」様の協力をいただきました。奈良筆の産地に訪問し、制作過程を見学させていただいたり、筆作りを体験してまいりました。 数100種類ある筆から、インクに適し、筆を使い慣れてない人にも合うような筆を6種類選ぶこともできました。伝統的な筆から、少し新しいイメージの筆まで様々な6種類の筆になっています。

ご察しの通り、日常で筆を使うことは以前より減っており、産地としても生産量という形でその流れは強く実感されているとのことでした。

一方で、筆の楽しさや可能性に気づき、使い始めているカリグラフィー作家もいます。この楽しさや可能性を、インクスタンドらしく「色」という切り口も加えて皆さんにお届けしたいと思います。

ぜひ店頭で体験してください。おまちしております。


●イベント名
TRY IT!
brush with ink
●期間
2019年10月18日~30日11時~19時
●場所
inkstand by kakimori WITH 店内展示
●イベント内容
・筆とインクを使用したアートワークの展示。
・筆にインクをつけて書くことを体験できるスペースもご用意します。