inkstand by kakimori

inkstand by kakimori

顔料インク

Category

〈お知らせ〉インクスタンド カラーライナーKIT オンラインストアで発売開始しました。

2018年にinkstand by kakimoriが増床した際に販売開始した「カラーライナー」。
インクを充填できるたのしいペンとして、とてもご好評いただき、いよいよオンラインストアでも発売開始することになりました。

実はカラーライナーに関してこれまできちんとご紹介しておりませんでした。
自分たちでも一年間使ったり、お客様からご意見をいただく中で、カラーライナーの魅力や改善していきたい点も分かってきました。 

情報をしっかりまとめなおしましたのでよろしければご覧くださいね。

191227_colorliner_1

カラーライナーはファイバーチップペンで、いわゆるフェルトペンとほぼ同義なカテゴリーのペンです。
ペン先に合成繊維が使われており、毛細管現象を使ってインクが出てくる仕組みになります。

191227_colorliner_2

インクスタンドでオーダーメイドで作ったインクを、万年筆だけでなく色々なペンで使えるようにしたいと思い、2014年にボールペンタイプのローラーボールペンを発売開始しました。

次に自分たちがどんなペンをつくりたいか考えたときに思い浮かんだのが、フェルトペンやマーカーでした。
日本のペンOEMメーカーと打ち合わせしたところ、カラーライナーの原型となる透明軸の中綿式のファイバーチップペンをを見せていただきました。
もともとは染料インクのマーカーとして作ったものということだったので、「まあ、うちの顔料インクは難しいよな」と思いながらテストをしたら、色が薄めに出るもののしっかりインクが出てきました。
実際に、自分で作ったインクを入れて書いてみると、なんともたのしい。

 
191227_colorliner_3_

これはお客様に届けたいと思い、商品化を決めました。

カラーライナーはペン先が4種類あり、色々なシーンで使えます。

好きな本のフレーズに自分の色のマーカーで線を引く。
たまに使う筆ペンも自分の好きな色にしてしまう。
文章の校正など小さな文字は0.3㎜を使う。

191219_liner_5

2019年6月に行ったカキモリ広瀬と日本仕事百貨のナカムラケンタさんの対談では、ナカムラケンタさんの著書と一緒にこのようにカラーライナーをおすすめいたしました。

2019年8月に行ったGREENANDBLACKSMITHのカリグラフィーイベントでは、彼にカラーライナーのBrushタイプで欧文カリグラフィーで書いていただき、結構いい感じとも評価いただけました。
実際に作品でも使っていただきました。耐水性や耐光性が染料よりも高いので作品にも適しているとのことです。

良いところだらけに聞こえ、メインのペンにしたくなります。
でもやはりペン先が傷みやすいのと、使い切りになってしまうので、おすすめはメインは万年筆かローラーボールペンにして、カラーライナーをサブ的に使う感じです。

191219_liner_6

この1年間でいただいた一番多い声が「使い切りだともったいない」ということ。
おっしゃる通りで、今後使い切りではないタイプも開発していきたいと思いますが、「使い切り」に関して一つ裏技的な方法があります。
OEMメーカーからはこの方法は想定してないので保証できない、と言われております。

191227_colorliner_4

インクを使い切ったら、このようにペン先をインクに浸しておくとインクが徐々に吸いあがります。
0.3㎜、0.5㎜だと吸いあがるのに結構時間がかかりました。(30分以上)
BrushとMarkerは10分くらいで吸い上がりました。
インクを使い切った際にはペン先も傷んでいますし、色々な不純物もついてしまっており条件によっては吸いあがらなかったりします。
またペン先の一部パーツのの隙間にインクが入ってしまって、ちょっとだけ見た目が悪くなったりもします。
繰り返しになりますが、あくまでも原則は使い切りのペンであり、この方法は裏技なので自己責任にて試してみてください。
まだまだ発売して1年間なので、多くの方からご意見をいただきながら進化させていきたいと思います。

使ってみたら是非感想も教えてくださいね。
 


商品名:インクスタンド カラーライナー
ペン先種類:0.3㎜、0.5㎜、Brush、Marker
価格:440円(税込)
カキモリ・インクスタンド店頭、オンラインストアにて販売中

備考:インクは付属しておりません。
インクはカキモリ 顔料インク、インクスタンド 顔料インクのご利用を推奨いたします。

カキモリ 広瀬

 
 

〈お知らせ〉カキモリ、インクスタンドのガラス瓶リユースサービスを始めます。

191219_bottle_is

カキモリ、インクスタンドでお求めいただいたオリジナルインク、オーダーインクの瓶をリユースできるようにいたしました。

カキモリ 顔料インク 33㎖

インクスタンド ベースカラー 33㎖

お持ちいただいた瓶は洗浄して、新しいインクを入れてお渡しいたします。
なお、ガラス瓶がリユースになるため通常価格から200円お値引きいたします。

私たちもモノを作り、販売する立場として、可能なことから環境への負荷を下げる取り組みを行っていきます。
一番大事なことは愛着をもって使い続けることだと考えています。
今後商品だけでなく店頭のサービスも順次見直してまいります。


対象商品:
カキモリ 顔料インク 33㎖
インクスタンド オーダーインク 33㎖
インクスタンド ベースカラー 33㎖
インクスタンド ink on tap 33㎖,22㎖,11㎖

値引き金額:通常価格から200円お値引きいたします。
※瓶の洗浄、インク補充に20分ほど、お時間いただきます。

お問い合わせ:
ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくご連絡ください。

カキモリ
TEL:050-1744-8546
MAIL:kakimori.kuramae@bungu.co.jp

inkstand by kakimori
TEL:050-1744-8547
MAIL:inkstand@bungu.co.jp

備考:
オンラインストアでは返送費用等考慮しお受けしておりません。
ご希望の方は個別にご対応いたしますのでメールにてご連絡ください。

オンラインストア窓口
MAIL:kakimori.onlinestore@bungu.co.jp

 
 

〈お知らせ〉カキモリ ローラーボールペン用インク洗浄液(グリーンレーベルウォーター)発売

カキモリ ローラーボールペンにおすすめの洗浄液(電解水)を発売します。

カキモリ ローラーボールペンは使わずにペン先でインクが乾燥してしまうと復旧ができない商品となっていました。

191218_denkaisui_4

ペン先のみの販売をすることで復旧をお願いしておりましたが、多くのお客様より洗浄できるようにしてほしい、というご要望をいただいておりました。
諸々実験していったところ、電解水が良いことは分かったのですが、手頃なサイズで皮膚などに影響が少ないものを探していました。
カキモリの近くにある製版屋さんが版についた印刷用インクを洗浄するために適した電解水を作っていることがわかり、カキモリ、インクスタンドの顔料インクの洗浄にも適していることから販売できることになりました。

  • 191218_denkaisui_1
  • 191218_denkaisui_2
【洗浄フロー】

① 予備洗い / コンバーターを外し、ペン先に残っているインクを水道水である程度洗い流します。蛇口からペン先に水を通します。

② つけおき / 紙やプラスチックのカップなどをご用意いただき、ペン先が浸るようにし、一晩つけおきしてください。(目安12時間)

191218_denkaisui_3

③ ①と同様に水道水で水を通します。その後、ペン先にティッシュをあて、強く降ってペン先に溜まったインクの残りや水気を取り除きます。

④ コンバーターにインクを入れてペン先に差し込みます。
③の工程では完全に水気は取れていないので、はじめは水が混じったインクが出てきます。
少しずつ馴染んで粘度も上がり書き味が戻ってきますので、粘度が低い間は摩擦によってボールが傷みやすくなるため激しく筆記しないようにお願いいたします。 

ご注意点
・アルミ製品には使用しないでください。
・インクスタンドの万年筆やローラーボールはアルミ軸のためご使用をお控えください。
・使用上の注意点は本体記載の内容をご確認ください。
・ペン先は消耗品です。使い続けるにつれてペン先のボールの滑りが徐々に悪くなり、書き心地が変化する場合がございます。その際にはペン先の部品交換をご検討ください。


グリーンレーベルウォーター

価格:600円(税込660円)
発売日:2019年12月20日(金)11時より
カキモリ・インクスタンド店頭、オンラインストア
液性:強アルカリイオン水
成分:強アルカリ電解水
内容量:100㎖

 
 

〈店内イベント2019.10.18-31〉TRY IT! brush with ink

【追記:このイベントは終了いたしました。】

オーダーメイドで作った万年筆用インク。

万年筆はもちろんガラスペンやつけペンなどにも適してインクです。
inkstandやカキモリでは、さらにボールペンタイプのローラーボールペンやカラーライナーをオリジナル商品として作ってきました。

カラーライナーでは筆ペンタイプのものもありますが、以前カリグラフィー作家のBLACKANDGREENSMITHの小泉さんにこのペンを使っていただいたところ、とても使いやすいという評価をいただけました。

筆は手書きを通じて表現するには一番自由度が高く可能性に溢れています。多くのカリグラフィー作家が筆ペンを選ぶ理由はそこにあると思います。

今回は、筆ペンをさらに超えて、インクを使って筆で書くたのしさを探求します。
筆ペンと違うところは、インクをつけて書くことと、穂のバリエーションの広さです。

穂の種類やインクのつけ方により、線の幅や濃淡をつけた表現ができたり、色を変えたい時には洗って他のインクをつけて書くことができます。

勢いよく書くことで掠れる。
止めることでインクが溜まり滲む。
筆ならではのたのしい表現がたくさんあります。

そこに「色」という要素が加わることでさらに表現が多彩になり、黒の油性ボールペンの文字をは全く異なる表情の文字になります。

191010_blush03

今回のイベントでは、「色」と「筆」が合わさった時の表現の可能性を感じていただく展示や、実際インクをつけて筆で書くことを試すこともできます。
少量の在庫しかご用意していませんが、気に入っていただければ購入することもできます。

イベントを開催するにあたり、300年以上の歴史を持つ奈良筆の老舗メーカー「あかしや」様の協力をいただきました。奈良筆の産地に訪問し、制作過程を見学させていただいたり、筆作りを体験してまいりました。 数100種類ある筆から、インクに適し、筆を使い慣れてない人にも合うような筆を6種類選ぶこともできました。伝統的な筆から、少し新しいイメージの筆まで様々な6種類の筆になっています。

ご察しの通り、日常で筆を使うことは以前より減っており、産地としても生産量という形でその流れは強く実感されているとのことでした。

一方で、筆の楽しさや可能性に気づき、使い始めているカリグラフィー作家もいます。この楽しさや可能性を、インクスタンドらしく「色」という切り口も加えて皆さんにお届けしたいと思います。

ぜひ店頭で体験してください。おまちしております。


●イベント名
TRY IT!
brush with ink
●期間
2019年10月18日~30日11時~19時
●場所
inkstand by kakimori WITH 店内展示
●イベント内容
・筆とインクを使用したアートワークの展示。
・筆にインクをつけて書くことを体験できるスペースもご用意します。

 
 

〈お知らせ〉ベースカラーがリニューアルしました。

9月20日(金)より、インクスタンド店頭、
オンラインストアにて販売している、
ベースカラーのボトルが新しくなりました。

is_14_all
ベースカラーは全部で14色。
単色だとはっきりとした
ビビットなお色でお使いいただけます。

また、こちらのインクは混ぜ合わせて使うのも

おすすめです。

複数色インクがあれば、
何通りものお色味をお楽しみいただけます。

別途で販売しているうすめ液を組み合わせると、
色のバリエーションに加え、
濃さも自由に変化をつけることができます。

ぜひご自宅でも様々な組み合わせで、
違ったお色味を楽しんでみてくださいね。

インクスタンド 杉田

 
 

〈出張イベント 2019.6.18 tue.-7.7 sun.〉 at スパイラル

【追記:このイベントは終了いたしました。】

みなさま、こんにちは。
店外イベントのお知らせです。

今回、東京・青山にある「スパイラル」にて行われる展覧会に合わせて
インクスタンドもイベントで参加することになりました。

スパイラルは、「生活とアートの融合」をテーマに
ギャラリー、カフェ、生活雑貨を扱うショップなど、多種多様なスペースがあります。

生活の中にアートを取り入れることで広がる豊かな時間を
沢山の方に体験してもらいたいというスパイラルの思いと、
インクスタンドの「色をつくる、出会う、」体験を日々お店を通してお伝えしていることがきっかけで、
お声がけいただきました。

今回スパイラルで開催する展覧会は
テキスタイルデザイナー・陶芸家の石本藤雄さんの作品展です。

フィンランドのライフスタイルブランド「マリメッコ」でも
テキスタイルデザイナーとして長きに渡りご活躍された方です。

DSC_7591

石本藤雄_002_

「石本藤雄展-マリメッコの花から陶の実へ-」

石本さんの作品は
1階のスパイラルガーデンでお楽しみいただけます。

インクスタンドは同じくスパイラル1階の「MINA-TO」にて
オリジナル商品を販売いたします。

MINATO_Cs

今回は展示会に合わせて限定のコラボ商品として、
石本藤雄さんが実際に調色をして作った、インクを2色ご用意いたしました。

190619_spiral5

みかんで有名な愛媛県のみかん農家で生まれ育った
思い出をもとに作られた 「みかんいろ」。

190619_spiral2
190619_spiral1

『限定インク Fujiwo Ishimoto みかんいろ』 2,700円(税込)

夏の朝、みずみずしく、そしていきいきと花を咲かせる
あさがおの色をイメージした 「朝のあさがお」。

190619_spiral4
190619_spiral3

『限定インク Fujiwo Ishimoto 朝のあさがお』 2,700円(税込)

※限定インクの販売は6月21日(金)より販売開始です。

また、29(土)、30(日)には、ワークショップを開催いたします。

オーダーインク(WITHにて)もお作りいただけますので、
色使いも素敵な石本さんの作品を見ながら、
お好きな色をイメージしてインクを作ってみるのもいいですね。

ぜひお近くにお立ち寄りの際はぜひ遊びにいらしてくださいね。

—ワークショップ内容—

【WITH】
・ご予約不要で、ご利用いただけます。
・開催時間 12:00-14:00/16:00-18:00
・通常は当日お渡し可能ですが、本イベントは後日ご配送でのお渡しとなります。
・ご参加費 3,240円(税込):配送料は含まれます。

【Ink on tap】
・夏らしい爽やかな2色を、先行販売いたします。
・店頭と同じく11,22,33mlの3サイズお好きな量でお求めいただけます。

みなさまお誘い合わせの上、お越しくださいませ。

◼︎日時: 販売期間   2019年6月18日(火)〜7月7日(日)
    ワークショップ 2019年6月29日(土)、6月30日(日)

◼︎場所: MINA-TO(スパイラル1F)

◼︎お問い合わせ:TEL:050-1744-8547
       MAIL:inkstand@bungu.co.jp

インクスタンド
菅原