inkstand by kakimori

inkstand by kakimori

オリジナル製品

Category

〈新商品2019.11.22発売〉オリジナル新商品「GLASS NIB」

【追記:12/7 インクスタンド・カキモリにて販売を再開いたしました。オンラインストアはもうしばらくお待ちくださいませ。】

191113_glassnib

懐かしくて、新しいガラスペンができあがりました。

以前から色々な作家のガラスペンを取り扱ってきたり、オリジナル商品も作ってきました。

  • kk_glass4

昨年インクスタンドがイヌヅカガラス工房​(深澤亜希子さん)とコラボレーションして作った『三角軸ガラスペン』は限定90本で作りましたが、すぐに品切れとなりました。
シンプルで、機能的にもペン置きなしで転がらず、書き心地もしっかりして、手頃な価格で、何よりもかっこいいこと。
自分たちが作りたい、届けたいという思いから出来上がったガラスペンは多くの人に共感いただけました。

  • 191115_sankaku

実はこの三角軸のガラスペンの商品企画と合わせて、もう一つ異なる観点からの課題を深澤さんと話していました。インクスタンドではオーダーインクを作るまでの過程で、スタッフもお客様も毎日ガラスペンを多用します。
一日中使っていると、どうしても稀にペン先を机の角にぶつけたり、落として割ったしまうことがあります。
「もっと丈夫で気軽に使えるつけペンが欲しい」という問題意識から、金属製・竹ペン・ねじ込み式ガラスペンなど色々可能性を考えたり調達して試行錯誤していました。
そんな話を​深澤さんとしていたら、以前作った試作品ということで見せていただいものが今回の新商品の原型となっています。
この原型を元に量産用に色々な協力業者と連携して新しいガラスペンが出来上がりました。

  • kk_glassnib1
  • kk_glassnib2

名前は「GLASS NIB」
その名の通りガラスのペン先です。

昭和初期にはGLASS NIBと同じようなガラスのペン先が流通しており、今でもアンティークショップなどで見かけることがあります。
当時は道具としての価値が高かったと考えられますが、それでもガラスのペン先は熟練の職人が手作業で作る必要があり生産効率が上がりません。
大量生産ができる万年筆や金属のペン先が出てくる中で道具としての役目は終了し、装飾なども楽しむガラスペンは残り続けたのだと思います。

深澤さんも​骨董市でガラスのペン先を見つけ、かつて実用としてガラスペンが使われていた時代の物を復刻させてガラスペンの楽しさをもっと広げたいという気持ちで試作していたものです。

ガラスペンは色々な魅力があります。

多彩で美しい軸の装飾。
ガラスで文字がかけるという直感的な感動。
インクにつけたらハガキくらい書ける機能性。

GLASS NIBは、このたのしさにカスタマイズ性をプラスして、もっと気軽に使える筆記具です。
ガラスペンのもつ工芸的な美しさより、カジュアルなたのしさを追求しました。

ガラスペンより安価にしたいけど、ペン先は手作業で作るし、軸と連結するための金属部分は量産しないと高価になってしまう。
深澤さんがサンプルまで作ったけど販売できなかったのは、この点が一番の問題だったようです。

今回、カキモリは、この問題点を乗り越えるために、ある程度の量産は覚悟の上、浅草の金属加工を得意とする協力会社へ相談し型から作りました。
量産とはいっても数万単位は無理なので小回りがきく東京の小さな町工場を探していただき、なんとかなりそうな量で作っていただきました。

GLASS NIBのガラス部分は深澤さんに一本ずつ丁寧に作ってもらっているものなので、書き心地はもちろん安定しています。

また、せっかく作った新しいペン先なので、その魅力を伝えて且つ保管の機能をもつパッケージを作るため、カキモリの近くのアクセサリー箱の製造を得意としている「だいし屋」さんと相談しGLASS NIBの箱を作りました。

昨今では作れる所が減っている、横からステープルする角留めタイプの箱です。GLASS NIBの懐かしくて新しいコンセプトと相性の良い箱になりました。

  • kk_glassnib3

つけペン用の軸は、安価でかわいいものから高価な作家性の高いものまで色々なものが流通しています。
そこにGLASS NIBを装着することで自分だけのガラスペンが出来上がります。

GLASS NIBの販売開始に合わせて、カジュアルな既製品のセレクトだけでなく、オリジナルの軸も作っていきます。

  • 191115_glassnib

まずは、様々な貴重な木の端材を使った木工小物を作る工房もずの河村さんへお願いし、軸を作っていただきました。

こちらも、こだわりが詰まっておりお伝えしたいことはたくさんあるので別の記事でまとめますね。


GLASS NIB(グラスニブ)

価格:2,500円(税込 2,750円)
発売開始日:2019年11月22日(金) 11時より
カキモリ・インクスタンド店頭、オンラインストア
サイズ: 本体:約 38 × 6 mm
箱:幅W57×奥行D45×高さH23mm(外寸)
ペン先サイズ:中字
製造国:日本

※1点1点職人の手作りのため、仕様や書き心地がそれぞれ若干異なります。予めご了承ください。
※初回分は数量に限りがございますが、随時商品追加を行ってまいります。

 
 

うすめ液をリニューアルしました。

オリジナルインクに合わせてお使いいただくことのできるうすめ液が、
この度リニューアルいたしました。

190616_dilute1
190616_dilute2

よりたくさんの方にとって使いやすくなるよう、
容量と価格を見直しております。

うすめ液は名前の通り、色を淡くすることのできる液体です。

インクを買ってはみたものの、もう少し明るい印象で使いたいなぁ。
色味は気に入っているけれど、少し飽きてしまったなぁ。

そんな時にインクに混ぜ合わせることで、
全く印象の異なったインクを作ることができますよ。

190616_dilute5

少量で使えば、淡くなるというよりも、
少し明るい印象のインクに仕上げることができます。

また、うすめ液キットには小さなカップとスポイト、攪拌棒を付属しております。
コンバーターに入れる1回分だけ、お好みのお色味に調整し、
そこから充填していただくこともできます。

190616_dilute3
190616_dilute4

1瓶のインクで何通りもの色のバリエーションを楽しむのもいいですね。

190616_dilute6

ぜひご自身の好きな淡さ、明るさにカスタマイズしてみてくださいね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うすめ液(単品)

内容:うすめ液 33ml
価格:1,296円(税抜1,200円)

うすめ液キット

内容:うすめ液 33ml・空ボトル 22mlサイズ・ミニカップ・スポイト・攪拌棒
価格:2,376円(税抜2,200円)

インクスタンド店頭、オンラインストアから
お求めいただけます。

うすめ液はインクスタンド、カキモリオリジナルインク専用となっております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

インクスタンド 杉田

 
 

<新商品 2019.3.26> インクスタンド ローラーボールペン 0.7mm

お客様からのご要望も多かった
インクスタンドオリジナルのローラーボールペン【0.7mm】。
とうとう3月26日(火)に販売開始となります。

ISRB0.7_00

ペン先まで黒マットに仕上げて、よりスマートな仕様になりました。

ISRB0.7_02

左:0.7mm/右:0.5mm

ISRB0.7_01

書き心地や色の見え方など、ぜひ店頭で書き比べてみてくださいね。

—————————————————————

インクスタンド ローラーボールペン 

製造国: 日本(ペン軸)
ペン先: 0.5mm/0.7mm
付属品: コンバーター、スポイト、カップ
価格 : 3,240円(税抜 3,000円)

オンラインストアはこちら

—————————————————————

インクスタンド  牧野

 
 

<新商品 2018.9.8> インクスタンド ローラーボールペンが販売開始となります。

インクスタンド ローラーボールペンが販売開始となります。

9月8日(土)より、カキモリ・インクスタンドそれぞれの店頭、
またオンラインストアでも同時に販売開始です。

インクスタンド・カキモリオリジナルインクでお使いいただける、こちらのローラーボールペン。

4月に販売を開始したインクスタンドオリジナル万年筆と同様、
アルミ軸を黒マットに仕上げております。

丈夫な金属軸は程よい重みを感じられ、安定した書き心地をお楽しみいただけます。

細身なペン軸は、持ち運びにも便利です。

万年筆はまだハードルが高い、という方も
ボールペンですと挑戦しやすいかもしれませんね。

オーダーインクのご予約をされていないお客様も、
店内でのお試し書き、ご購入は可能となっております。

滑らかな書き心地をぜひ店頭でお確かめくださいね。

——————————————————————————–

インクスタンド ローラーボールペン 

 製造国: 日本(ペン軸)
 ペン先: 0.5mm
 付属品: コンバーター、スポイト、カップ

  価格: 3,240円(税抜 3,000円)
販売開始: 2018年9月8日

オンラインストアはこちら

インクスタンド
杉田

 
 

<新商品 2018.4.12> インクスタンドオリジナル万年筆が販売開始になります。

今回はインクスタンドで初めてとなる、オリジナル筆記具販売開始のご案内です。

4月12日(木)より、インクスタンドオリジナル万年筆を販売いたします。

inkstand

ドイツ製のペン先は、中字と細字の2種類からお選びいただけます。

inkstand
inkstand

黒マットで仕上げたペン軸は、スマートでどんなシーンでも使いやすいデザインです。

実はこのペン軸にはこんなワンポイントも。

inkstand

中に入れたインクを確認することができる、丸窓をあけています。
インクスタンドで作ることができる、オーダーインクのラベルがモチーフです。

inkstand

こちらの万年筆、ペン先はドイツ製ですが、
軸の製造や組み立ては日本の福島県にある工場で行なっています。

inkstand

金属加工が得意なこちらの工場では、
様々な筆記具の部品加工や組み立てを行なっています。

inkstand
inkstand

インクスタンドスタッフも工場見学に伺いました。

inkstand

機械での製造はもちろんのこと、手作業の工程も経て仕上がる万年筆。

お試し書きもご用意しておりますので、ぜひお手に取ってみてくださいね。

——————————————————————————–
品名:  インクスタンドオリジナル万年筆
製造国: ペン先/ドイツ ボディ・その他/日本
ペン先:  ステンレススチール 細字(F)/中字(M)
価格: 3,240円(税抜 3,000円)
販売開始: 2018年4月12日

オンラインストアはこちら

 
 

サンプルカラーに3パターン加わりました。

インクスタンドでは、ご予約なしでもお買い求めいただける
サンプルカラーを展示販売しております。

sample color1-1

まだまだ寒い日が続きますが、ほんのり春を感じる3色が
ラインナップに加わりました。

うすめ液を多めに使用し、淡くやさしい色合いです。

new sample1-1

それぞれ、渋みのある色を少し加えて
甘みをおさえました。
可愛すぎないので、使うかたを選びません。

そのときの気分に合った色を使うと、
温度がより伝わるような気がします。

new sample2-1

色のレシピは店頭にて公開しておりますので、
オーダーインクを作る際は参考にしてみてくださいね。
(※ご自身で調合できるオーダーインクはご予約制です)

ご注文いただいたインクには、
配合比率の書いたレシピカードも付くので
リピート注文していただくことも可能です。

気に入った色は、ずっと使い続けたくなりますよね。

ぜひ、お気軽に遊びにいらしてください。