inkstand by kakimori

inkstand by kakimori

オリジナル製品

Category

〈お知らせ〉
GLASS NIB再入荷します。

お待たせしました。
ご好評につき品切れしていたGLASS NIBが再入荷します。
明日2月1日(土)より、カキモリ・インクスタンド・オンラインストアで販売いたします。
工房もずの木軸、TETZBOの金属軸もあわせてご用意しております。
ひとつひとつ手作りで風合いが異なりますので、ぜひ一度試しにいらしてくださいね。

※今回の入荷も少量となります。作家さんの手作業での生産のため在庫が安定せずご迷惑をおかけし申し訳ございません。
引き続き、入荷状況は本ブログやtwitter・instagramでアップいたします。

ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくご連絡ください。
inkstand by kakimori
TEL:050-1744-8547
MAIL:inkstand@bungu.co.jp

 
 

〈お知らせ〉インクスタンド カラーライナーKIT オンラインストアで発売開始しました。

2018年にinkstand by kakimoriが増床した際に販売開始した「カラーライナー」。
インクを充填できるたのしいペンとして、とてもご好評いただき、いよいよオンラインストアでも発売開始することになりました。

実はカラーライナーに関してこれまできちんとご紹介しておりませんでした。
自分たちでも一年間使ったり、お客様からご意見をいただく中で、カラーライナーの魅力や改善していきたい点も分かってきました。 

情報をしっかりまとめなおしましたのでよろしければご覧くださいね。

191227_colorliner_1

カラーライナーはファイバーチップペンで、いわゆるフェルトペンとほぼ同義なカテゴリーのペンです。
ペン先に合成繊維が使われており、毛細管現象を使ってインクが出てくる仕組みになります。

191227_colorliner_2

インクスタンドでオーダーメイドで作ったインクを、万年筆だけでなく色々なペンで使えるようにしたいと思い、2014年にボールペンタイプのローラーボールペンを発売開始しました。

次に自分たちがどんなペンをつくりたいか考えたときに思い浮かんだのが、フェルトペンやマーカーでした。
日本のペンOEMメーカーと打ち合わせしたところ、カラーライナーの原型となる透明軸の中綿式のファイバーチップペンをを見せていただきました。
もともとは染料インクのマーカーとして作ったものということだったので、「まあ、うちの顔料インクは難しいよな」と思いながらテストをしたら、色が薄めに出るもののしっかりインクが出てきました。
実際に、自分で作ったインクを入れて書いてみると、なんともたのしい。

 
191227_colorliner_3_

これはお客様に届けたいと思い、商品化を決めました。

カラーライナーはペン先が4種類あり、色々なシーンで使えます。

好きな本のフレーズに自分の色のマーカーで線を引く。
たまに使う筆ペンも自分の好きな色にしてしまう。
文章の校正など小さな文字は0.3㎜を使う。

191219_liner_5

2019年6月に行ったカキモリ広瀬と日本仕事百貨のナカムラケンタさんの対談では、ナカムラケンタさんの著書と一緒にこのようにカラーライナーをおすすめいたしました。

2019年8月に行ったGREENANDBLACKSMITHのカリグラフィーイベントでは、彼にカラーライナーのBrushタイプで欧文カリグラフィーで書いていただき、結構いい感じとも評価いただけました。
実際に作品でも使っていただきました。耐水性や耐光性が染料よりも高いので作品にも適しているとのことです。

良いところだらけに聞こえ、メインのペンにしたくなります。
でもやはりペン先が傷みやすいのと、使い切りになってしまうので、おすすめはメインは万年筆かローラーボールペンにして、カラーライナーをサブ的に使う感じです。

191219_liner_6

この1年間でいただいた一番多い声が「使い切りだともったいない」ということ。
おっしゃる通りで、今後使い切りではないタイプも開発していきたいと思いますが、「使い切り」に関して一つ裏技的な方法があります。
OEMメーカーからはこの方法は想定してないので保証できない、と言われております。

191227_colorliner_4

インクを使い切ったら、このようにペン先をインクに浸しておくとインクが徐々に吸いあがります。
0.3㎜、0.5㎜だと吸いあがるのに結構時間がかかりました。(30分以上)
BrushとMarkerは10分くらいで吸い上がりました。
インクを使い切った際にはペン先も傷んでいますし、色々な不純物もついてしまっており条件によっては吸いあがらなかったりします。
またペン先の一部パーツのの隙間にインクが入ってしまって、ちょっとだけ見た目が悪くなったりもします。
繰り返しになりますが、あくまでも原則は使い切りのペンであり、この方法は裏技なので自己責任にて試してみてください。
まだまだ発売して1年間なので、多くの方からご意見をいただきながら進化させていきたいと思います。

使ってみたら是非感想も教えてくださいね。
 


商品名:インクスタンド カラーライナー
ペン先種類:0.3㎜、0.5㎜、Brush、Marker
価格:440円(税込)
カキモリ・インクスタンド店頭、オンラインストアにて販売中

備考:インクは付属しておりません。
インクはカキモリ 顔料インク、インクスタンド 顔料インクのご利用を推奨いたします。

カキモリ 広瀬

 
 

〈お知らせ〉カキモリ、インクスタンドのガラス瓶リユースサービスを始めます。

191219_bottle_is

カキモリ、インクスタンドでお求めいただいたオリジナルインク、オーダーインクの瓶をリユースできるようにいたしました。

カキモリ 顔料インク 33㎖

インクスタンド ベースカラー 33㎖

お持ちいただいた瓶は洗浄して、新しいインクを入れてお渡しいたします。
なお、ガラス瓶がリユースになるため通常価格から200円お値引きいたします。

私たちもモノを作り、販売する立場として、可能なことから環境への負荷を下げる取り組みを行っていきます。
一番大事なことは愛着をもって使い続けることだと考えています。
今後商品だけでなく店頭のサービスも順次見直してまいります。


対象商品:
カキモリ 顔料インク 33㎖
インクスタンド オーダーインク 33㎖
インクスタンド ベースカラー 33㎖
インクスタンド ink on tap 33㎖,22㎖,11㎖

値引き金額:通常価格から200円お値引きいたします。
※瓶の洗浄、インク補充に20分ほど、お時間いただきます。

お問い合わせ:
ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくご連絡ください。

カキモリ
TEL:050-1744-8546
MAIL:kakimori.kuramae@bungu.co.jp

inkstand by kakimori
TEL:050-1744-8547
MAIL:inkstand@bungu.co.jp

備考:
オンラインストアでは返送費用等考慮しお受けしておりません。
ご希望の方は個別にご対応いたしますのでメールにてご連絡ください。

オンラインストア窓口
MAIL:kakimori.onlinestore@bungu.co.jp

 
 

〈新商品2019.11.22発売〉オリジナル新商品「GLASS NIB」

【追記:12/7 インクスタンド・カキモリにて販売を再開いたしました。オンラインストアでも購入可能です。】

191113_glassnib

懐かしくて、新しいガラスペンができあがりました。

以前から色々な作家のガラスペンを取り扱ってきたり、オリジナル商品も作ってきました。

  • kk_glass4

昨年インクスタンドがイヌヅカガラス工房​(深澤亜希子さん)とコラボレーションして作った『三角軸ガラスペン』は限定90本で作りましたが、すぐに品切れとなりました。
シンプルで、機能的にもペン置きなしで転がらず、書き心地もしっかりして、手頃な価格で、何よりもかっこいいこと。
自分たちが作りたい、届けたいという思いから出来上がったガラスペンは多くの人に共感いただけました。

  • 191115_sankaku

実はこの三角軸のガラスペンの商品企画と合わせて、もう一つ異なる観点からの課題を深澤さんと話していました。インクスタンドではオーダーインクを作るまでの過程で、スタッフもお客様も毎日ガラスペンを多用します。
一日中使っていると、どうしても稀にペン先を机の角にぶつけたり、落として割ったしまうことがあります。
「もっと丈夫で気軽に使えるつけペンが欲しい」という問題意識から、金属製・竹ペン・ねじ込み式ガラスペンなど色々可能性を考えたり調達して試行錯誤していました。
そんな話を​深澤さんとしていたら、以前作った試作品ということで見せていただいものが今回の新商品の原型となっています。
この原型を元に量産用に色々な協力業者と連携して新しいガラスペンが出来上がりました。

  • kk_glassnib1
  • kk_glassnib2

名前は「GLASS NIB」
その名の通りガラスのペン先です。

昭和初期にはGLASS NIBと同じようなガラスのペン先が流通しており、今でもアンティークショップなどで見かけることがあります。
当時は道具としての価値が高かったと考えられますが、それでもガラスのペン先は熟練の職人が手作業で作る必要があり生産効率が上がりません。
大量生産ができる万年筆や金属のペン先が出てくる中で道具としての役目は終了し、装飾なども楽しむガラスペンは残り続けたのだと思います。

深澤さんも​骨董市でガラスのペン先を見つけ、かつて実用としてガラスペンが使われていた時代の物を復刻させてガラスペンの楽しさをもっと広げたいという気持ちで試作していたものです。

ガラスペンは色々な魅力があります。

多彩で美しい軸の装飾。
ガラスで文字がかけるという直感的な感動。
インクにつけたらハガキくらい書ける機能性。

GLASS NIBは、このたのしさにカスタマイズ性をプラスして、もっと気軽に使える筆記具です。
ガラスペンのもつ工芸的な美しさより、カジュアルなたのしさを追求しました。

ガラスペンより安価にしたいけど、ペン先は手作業で作るし、軸と連結するための金属部分は量産しないと高価になってしまう。
深澤さんがサンプルまで作ったけど販売できなかったのは、この点が一番の問題だったようです。

今回、カキモリは、この問題点を乗り越えるために、ある程度の量産は覚悟の上、浅草の金属加工を得意とする協力会社へ相談し型から作りました。
量産とはいっても数万単位は無理なので小回りがきく東京の小さな町工場を探していただき、なんとかなりそうな量で作っていただきました。

GLASS NIBのガラス部分は深澤さんに一本ずつ丁寧に作ってもらっているものなので、書き心地はもちろん安定しています。

また、せっかく作った新しいペン先なので、その魅力を伝えて且つ保管の機能をもつパッケージを作るため、カキモリの近くのアクセサリー箱の製造を得意としている「だいし屋」さんと相談しGLASS NIBの箱を作りました。

昨今では作れる所が減っている、横からステープルする角留めタイプの箱です。GLASS NIBの懐かしくて新しいコンセプトと相性の良い箱になりました。

  • kk_glassnib3

つけペン用の軸は、安価でかわいいものから高価な作家性の高いものまで色々なものが流通しています。
そこにGLASS NIBを装着することで自分だけのガラスペンが出来上がります。

GLASS NIBの販売開始に合わせて、カジュアルな既製品のセレクトだけでなく、オリジナルの軸も作っていきます。

  • 191115_glassnib

まずは、様々な貴重な木の端材を使った木工小物を作る工房もずの河村さんへお願いし、軸を作っていただきました。

こちらも、こだわりが詰まっておりお伝えしたいことはたくさんあるので別の記事でまとめますね。


GLASS NIB(グラスニブ)

価格:2,500円(税込 2,750円)
発売開始日:2019年11月22日(金) 11時より
カキモリ・インクスタンド店頭、オンラインストア
サイズ: 本体:約 38 × 6 mm
箱:幅W57×奥行D45×高さH23mm(外寸)
ペン先サイズ:中字
製造国:日本

※1点1点職人の手作りのため、仕様や書き心地がそれぞれ若干異なります。予めご了承ください。
※初回分は数量に限りがございますが、随時商品追加を行ってまいります。

 
 

うすめ液をリニューアルしました。

オリジナルインクに合わせてお使いいただくことのできるうすめ液が、
この度リニューアルいたしました。

190616_dilute1
190616_dilute2

よりたくさんの方にとって使いやすくなるよう、
容量と価格を見直しております。

うすめ液は名前の通り、色を淡くすることのできる液体です。

インクを買ってはみたものの、もう少し明るい印象で使いたいなぁ。
色味は気に入っているけれど、少し飽きてしまったなぁ。

そんな時にインクに混ぜ合わせることで、
全く印象の異なったインクを作ることができますよ。

190616_dilute5

少量で使えば、淡くなるというよりも、
少し明るい印象のインクに仕上げることができます。

また、うすめ液キットには小さなカップとスポイト、攪拌棒を付属しております。
コンバーターに入れる1回分だけ、お好みのお色味に調整し、
そこから充填していただくこともできます。

190616_dilute3
190616_dilute4

1瓶のインクで何通りもの色のバリエーションを楽しむのもいいですね。

190616_dilute6

ぜひご自身の好きな淡さ、明るさにカスタマイズしてみてくださいね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うすめ液(単品)

内容:うすめ液 33ml
価格:1,296円(税抜1,200円)

うすめ液キット

内容:うすめ液 33ml・空ボトル 22mlサイズ・ミニカップ・スポイト・攪拌棒
価格:2,376円(税抜2,200円)

インクスタンド店頭、オンラインストアから
お求めいただけます。

うすめ液はインクスタンド、カキモリオリジナルインク専用となっております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

インクスタンド 杉田

 
 

<新商品 2019.3.26> インクスタンド ローラーボールペン 0.7mm

お客様からのご要望も多かった
インクスタンドオリジナルのローラーボールペン【0.7mm】。
とうとう3月26日(火)に販売開始となります。

ISRB0.7_00

ペン先まで黒マットに仕上げて、よりスマートな仕様になりました。

ISRB0.7_02

左:0.7mm/右:0.5mm

ISRB0.7_01

書き心地や色の見え方など、ぜひ店頭で書き比べてみてくださいね。

—————————————————————

インクスタンド ローラーボールペン 

製造国: 日本(ペン軸)
ペン先: 0.5mm/0.7mm
付属品: コンバーター、スポイト、カップ
価格 : 3,240円(税抜 3,000円)

オンラインストアはこちら

—————————————————————

インクスタンド  牧野