inkstand by kakimori

inkstand by kakimori

inkstand by kakimori

どうしてインクは、
つくられた色だけが届けられてきたのだろう。

書くときの色は、心の色。
自分を表現するための色だから、
百人いれば百通りの色があっていいはず。
あなたの色を一滴、一滴、探し出すよろこびが
インクスタンドで待っています。

気持ちのままの色におどろいたり、
想像もしていなかった色に
新しいあなたを発見したり。

一滴ずつ、自分でつくったインクから、
書くたのしさ、表現するたのしさが広がって
日常がそっと色づいていく。

そして、その気持ちが
色や濃淡で半永久的にのこっていく。
それは、なんて素敵で
ゆたかなことなのでしょう。

色という、人にもたらされた確かなよろこび。
今日もインクスタンドから、
届けられますように。

inkstand by kakimori